「神戸牛のA5等級」兵庫県のブランド牛とは?|牛肉のお取り寄せ

神戸牛A5等級のお取り寄せは、専門店で購入するのが失敗なく美味しい牛肉が手に入ります。

そこで今回は、神戸牛専門店 神戸ぐるり工房をご紹介します。

兵庫県内で飼育される黒毛和牛を但馬牛といいますが、最高級のA5等級の神戸牛のみ使用している神戸牛専門店です。

神戸牛A5ランク兵庫県の神戸牛専門店 神戸ぐるり工房

神戸牛8
【神戸牛専門店 神戸ぐるり工房】

 兵庫県のブランド牛神戸牛は、但馬牛の中でも厳選されたわずか3,000頭のみ。

最高級牛肉として認知されている「神戸牛」の正式なブランド名は、「神戸肉」または「神戸ビーフ」といいます。一般的には「神戸牛」で浸透しています。 日本で牛肉が食べられるようになったのは、今から140年ほど前、慶応3年の神戸港の開港がきっかけです。当時、まだ日本では牛肉を食べるという習慣は公ではありませんでした。神戸牛の素牛である「但馬牛」はもっぱら農耕や荷物の運搬用として使われていました。そのため、神戸の外国人居留地に住む外国人たちは、牛の解体も自分たちでしたといいます。このとき但馬牛を口にした彼らは、その美味しさの虜に。 「神戸で食べたうまい牛肉」・・・「KOBE BEEF」と呼ばれるようになり、その名は国際的なものになりました。

神戸牛9

神戸牛の部位の特徴

神戸牛5・肩ロース

肉質が非常に柔らかく甘みのある部位。

・リブロース

久米細やかで甘みのある霜降りが魅力の希少部位。

・ブリスケ

コクのある濃厚な味わいが特徴の部位。

・もも肉

あっさりとした赤身の部位です。

神戸牛A5等級の販売店を紹介

神戸牛専門店 神戸ぐるり工房は最高級A5等級の神戸牛専門店。  

神戸牛7

神戸牛専門店 神戸ぐるり工房の神戸牛は最高級A5等級のみ。 神戸牛は日本一厳しい規格があり、世界一高い牛肉としてもギネス認定。 大統領や王室関係者、ハリウッドスターも食べたと言う神戸牛。 霜降りの美しさが見た目からもうまいが分かる、上質な「世界一」の和牛です。

神戸牛ドットネット  

 

 

 

神戸牛の最高級A5等級のお取り寄せ【 神戸ぐりる工房 】