ロゴ

美味しい物が食べたいときのお取り寄せグルメは、心もお腹も満たしてくれます。

お取り寄せ情報や「カニ」「肉」「おせち料理」のちょっとだけ知っていると得をする豆知識をご紹介。

おせち料理の基本とは?

 

おせち料理

 

おせち料理の基本は祝い肴三種(三つ肴、口取り)。

 

1.煮しめ

2.酢の物。

3.焼き物。

おせち料理基本1.「煮しめ」

黒豆
黒く日焼けするほどマメに働けるようにと邪気を払い長寿と健康、無病息災。

 

数の子
数の子は卵の数が多く、また、ニシンは「二親」に通じ、穀物などの農作物が豊作になることと(五穀豊穣)子孫繁栄。

 

田作り(ごまめ)
「ごまめ」は「五万米」であり「田作り」の名とともに穀物などの農作物が豊作になること(五穀豊穣)を願ったもの。

 

たたきごぼう(酢ごぼう)
たたきごぼうは豊年の象徴を表したもので豊作と息災。ごぼうは地中に深く根を張ることから、黒色には邪を払うという意味を持つ。

 

紅白かまぼこ
形状が初日の出の形に似ている。赤色は魔除け、白色は清を表し紅白の色が縁起が良い。

 

伊達巻(だてまき)
巻物(書物)に似た形から文化・学問・教養を持つことを願う縁起物。

 

搗ち栗、栗金団(くりきんとん)

搗ち栗は「勝ち」に通じることに由来し、「金団」とは金色の団子という意味で、金銀財宝を意味しており金運を願ったもの。

おせち料理基本2.「酢の物」

紅白なます(大根とニンジンの酢の物)

祝い事に用いる紅白の水引にあやかる。

 

ちょろぎ(植物の根をシソ酢で赤く染めたもの)

「長老木」、「千代呂木」あるいは「長老喜」の字をあて長寿を願う。

 

酢蓮(レンコンの酢の物)

穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎ。

おせち料理基本3.「焼き肴」

鯛の焼き物

「めでたい」の語呂合わせ。

 

鰤の薫物

出世を祈願。出世魚であることにあやかったもの。

 

海老の焼き物

長寿を祈願した縁起物。また、海老は脱皮することから生命の更新や、脱皮を繰り返していくことから出世を願うもの。

 

鰻の焼き物(うなぎの焼き物)

鰻登りから出世を祈願。

おせち料理基本「煮物」

昆布巻き(こぶまき)

「喜ぶ」の語呂合わせ。また、昆布は「ひろめ」あるいは「えびすめ」ともいう。「ひろめ」は末広がりである昆布の形状、「昆布」に「子生」の字をあて子孫繁栄を願ったものともいわれ、他にも、昆布巻きは伊達巻と同じく巻物(書物)に似た形から文化・学問を象徴する意味を持つ。

 

椎茸、豆腐、コウンニャク

武家社会の名残。

 

くわい

最初に大きな芽が一本出ることから「めでたい」にかけたもの。芽が出ることから出世を祈願。古くは平仮名の「か」を「くわ」と表したので、くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるように。

 

蓮根
穴が多数ある蓮根は将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎ。この孔が空いていることから将来が見通せるようにとの意味のほか、花蓮根には花の後に実を結ぶようにとの意味がある。

 

里芋
親イモが大きいことに因んで頭(かしら)になることを願うもの。また、里芋は親芋に子芋がたくさん育つことから子宝を願ったものとされる。

 

金柑
財宝としての「金冠」を意味している。

 

人参
5角形の梅の花びらにしたもの。迎春。

おせち料理基本「組重」

 

おせち料理を組重に入れて重ねるのはめでたさを重ねるという意味。

最近では四段重が普通となっており、春夏秋冬表すと言われる。

 

四(し)が「死」を連想させ不吉で縁起が悪いことから「与の重(よのじゅう)」と呼ばれている。
三段重や二段重といった略式のものも多くなっている。

 

重詰めの形式には、市松、七宝、八方、段取、升詰、隅取といった形式があり、一つの重の品数は奇数とする。

 

1.一の重には祝い肴のうち三つ肴と口取り。

2.二の重には焼き物。

3.三の重には煮物もしくは酢の物。

4.与の重には酢の物もしくは煮しめ。

 

神戸牛とは?

 

 兵庫県のブランド牛神戸牛は、但馬牛の中でも厳選されたわずか3,000頭のみ。

神戸牛1

最高級牛肉として認知されている「神戸牛」の正式なブランド名は、「神戸肉」または「神戸ビーフ」といいます。一般的には「神戸牛」で浸透しています。 日本で牛肉が食べられるようになったのは、今から140年ほど前、慶応3年の神戸港の開港がきっかけです。当時、まだ日本では牛肉を食べるという習慣は公ではありませんでした。神戸牛の素牛である「但馬牛」はもっぱら農耕や荷物の運搬用として使われていました。そのため、神戸の外国人居留地に住む外国人たちは、牛の解体も自分たちでしたといいます。このとき但馬牛を口にした彼らは、その美味しさの虜に。 「神戸で食べたうまい牛肉」・・・「KOBE BEEF」と呼ばれるようになり、その名は国際的なものになりました。

 

神戸牛2

牛肉の部位は?

神戸牛3

神戸牛ドットネット

神戸牛ドットネットは最高級A5等級の神戸牛専門店。  

 

神戸牛4

 

  神戸牛ドットネットの神戸牛は最高級A5等級のみ。 神戸牛は日本一厳しい規格があり、世界一高い牛肉としてもギネス認定。 大統領や王室関係者、ハリウッドスターも食べたと言う神戸牛。 霜降りの美しさが見た目からもうまいが分かる、上質な「世界一」の和牛です。

 

神戸牛ドットネット  

ボイル冷凍ガニの解凍方法とは?

 

カニを美味しく食べるために解凍方法を是非ためしてみてください。

カニの殻を剥いたり外したりするときにはトゲが手や指にささらないように気を付けましょう。

北海道の絶品!美味しいカニで至福のひと時をお過ごしくださいませ。  

ボイル冷凍ガニの解凍方法

 

1.ビニールや輪ゴムがある場合には取り外します。

2.凍りが溶けて水が出るのでキッチンペーパーなどで包みバット等に乗せます。  

3.タラバやアブラガニは冷蔵庫で24時間程度で脚だけは16時間程度解凍。

4.毛ガニはみそが流れるのを防ぐため甲羅側を下にして冷蔵庫で20時間程度解凍。

5.ズワイガニや花咲ガニはみそが流れるのを防ぐため、甲羅側を下にして冷蔵庫で18時間程度解凍。  

生冷凍ガニの美味しい食べ方

 

1.調理する直前で袋に入れ、流水で半解凍にして素早く加熱調理します。  

2.生冷凍ズワイガニなどは風味を重視しているので「酸化防止剤」を極力抑えて加工しているため長すぎる解凍や解凍後の放置で黒く変色していまう場合があるので注意しましょう。  

3.カニ解凍後の再冷凍は風味を損う恐れがあるので避けましょう。

4.解凍の際に出る水はほとんどが、グレース(乾燥を防ぐための氷の被膜)でドリップではありません。

 

【保存法】

解凍後に余ってしまった場合には、殻を取り外して袋に入れ、ばるべく空気を抜いて冷凍保存します。  

 

【日持ち】

解凍日から冷蔵庫で保存して2日以内で食べてください。  

カニのさばき方

 

①カニを裏向けに。カニ01 ②前かけを外す。カニ02
③甲羅をはがず。カニ03 ④ひだをとる。カニ04
⑤ふたつに割るカニ05 ⑥足を切る。カニ06

 

  【足のつけね】

カニ07

矢印

カニ08

矢印

カニ09   

 

【足とつめを切り取る】  

カニ10

矢印

カニ011

矢印

カニ012

矢印

カニ013

矢印

カニ014  

 

    

卵の保存方法とは?

 

 常温保存は卵は常温でも2週間~2ヵ月(季節による)は 保存できますが、生食はおすすめできません。  

生で食べるのであれば、常温保存はせず冷蔵保存で2週間以内に食べるようにして、それ以降は、必ず加熱して食べるのがベスト。 (食品衛生法でも生食用殻付卵は10℃以下で保存することが望ましいと定められています。)

 

  冷蔵庫のドアポケットで保存するのが一般的ですがドアポケットに入れると、扉の開閉時の振動なそで、殻にひびが入ることがありそこから中に菌が侵入する可能性があります。  

卵にとってひびは大敵なので、卵入れに入れ替えるより、パックのまま保存した方が鮮度が長持ちします。  

 

卵の尖っていない方には、「気室」と言う呼吸するための部屋(空間)があるので、とがった方を下に入れて保存しましょう。  

卵が古くなって、黄身が浮かび上がってきても、「気室」があるおかげで、黄身が殻に直接当たるのを防ぐことができて長持ちするようになります。  

 

卵には、1万個以上の小さな気孔があり、外の空気を吸収しているので、臭いの強いものの近くに置かない方がいいでしょう。  

臭いの強いものの近くもそうですが、魚や肉の近くに保存するのは、できるだけ避る方がよいです。  

卵の栄養成分

 

卵の殻の色には白色と褐色がありますが、それはニワトリの種類によって違いがあり、栄養素や成分の違いはないとう。

  ちなみに、赤玉は大きくそのため大きいニワトリが生むことがおおい傾向があり、大きなニワトリを飼育するには肥料を多く使う割に産卵数がすくないため価値が高くなるようです。  

 

卵の栄養はたんぱく質、ビタミンA・B1・B2・E・葉酸などのビタミン、カルシウム・カリウム・ナトリウム・リン・鉄分・亜鉛などのミネラル、脂質、コレステロールなどが含まれ、その栄養はヒナが成長するためのものなので十分な栄養がバランスよく入っているということになります。

 

新鮮な卵は生みたてに限りますが、実は調理方法によっては日にちがたった方が便利な場合もあり、ゆで卵は3日後ぐらいの卵が皮がむけやすくなるようです。  

ですが、卵かけご飯のように生で食べる場合には生みたての新鮮なものが美味しいですね。  

 

卵にはコレステロール成分が含まれていますが、レシチンも含まれ、コレステロールを抑える働きをすると注目されているようです。  

卵の種類にも「ヨード卵」のように栄養価の高い物や、鳥の種類では「烏骨鶏の卵」「ダチョウの卵」のように希少価値が高く成分比率に違いがあるものなどがあります。